天然水と人工水の違い

ウォーターサーバーに使われている水は、天然水と人工水の2種類があります。天然水は湧き水などを利用したものでミネラルウォーターと呼ばれるものです。人工水は水道水などを利用していますが、そのまま詰めるのではなくミネラルを添加するなど加工してからパックされています。特に天然のミネラルを補給したいと言う目的があるなら天然水が良いでしょう。しかし、人工水でも衛生的であることや、ミネラルを加えた付加価値のあるもの、不純物が含まれていない純水なども取り扱われています。純水はミネラル分がないため赤ちゃんのミルクに使用するのにお勧めします。天然水だから良いとか、人工水だから悪いと言うことは無くそれぞれの家庭のニーズに合わせて選びましょう。
価格で比較すると天然水の方がやや価格は高めのケースが多いです。しかし、天然水の場合ウォーターサーバーレンタル費用やメンテナンス費用がかからない所が多く、ボトル一本あたりの単価が高くてもそれ程違いが出るわけではありません。人工水を採用している業者では、ボトル一本当たりの価格が安い代わりにレンタル料やメンテナンス費用が別途必要なケースも多いです。価格で比較する際には必ず、一ヶ月のトータル費用で計算しましょう。

注目の記事

天然水と人工水の違い

記事を読む

最安値となる価格帯

記事を読む

ウォーターサーバーレンタル費用

記事を読む