配送料について

ウォーターサーバーではほとんどのケースで、配送料が無料となっている所が多いです。毎月定期的に配送してもらうためサービスとして無料となっている業者もあるかもしれませんが、多くの場合はボトルの料金に既に組み込まれているのではないでしょうか。わざわざ遠方から配達してもらっても送料が無料と言うのはおかしな話です。有名な地域の水を利用するのも良いのですが、地元の水を配達してくれるウォーターサーバー会社を選んでみるのも一つの方法でしょう。水も地産地消を行なえば、配送にかかるコストが減りそれだけ商品の価格も下げられるはずです。また、大手業者で全国に支店があり、利用者が多い業者も送料を安くするシステムがありお得となっている可能性も高いです。ウォーターサーバーの送料は商品価格に含まれていることを前提に、商品を選んでみて下さい。近くに営業所がある業者を選んだ方が良いかもしれません。
また、宅配はあくまでも玄関先までです。宅配業者を利用しているケース、自社社員が配達しているケースなどがあります。宅配業者を通している場合は、他の宅配商品と同様玄関先までなので注意してください。あまりボトルが重いものでは運ぶのに苦労してしまう可能性もあります。

注目の記事

天然水と人工水の違い

記事を読む

最安値となる価格帯

記事を読む

ウォーターサーバーレンタル費用

記事を読む